お友達や知り合いがお店を開店した時や、取引先などへ開店祝いに花を贈る方は大勢います。しかし普段からは何慣れ親しんでいる方でない限り、なかなかどのような物があっているのかは分からないというのも、現実としてある事が多いものです。選ぶ基準というのはそれなりにあるのでしょうが、一般的によく見られる胡蝶蘭などが良いのかまたは花束などが良いのか、もしくは少々凝ったプリザーブドフラワーなどが喜ばれるのか、その判断は難しいでしょう。そこで、先ず花を贈るにあたり把握しておかなければならない金額の相場や、開店祝いとしてよく選ばれる胡蝶蘭に観葉植物、生花やプリザーブドフラワーについてそれぞれどのような特徴があるのか、紹介していきますので、それを踏まえた上で自分の希望にあった花を探してみて下さい。

開店祝いに花を贈る際の金額の相場とは

開店祝いに花を贈るのなら、先ずは金額の相場を知っておかなければなりません。そうでなければせっかく贈ったのに、相手に失礼になる可能性があるからです。また他の方から贈られた花と並んだ時に、相場を知らずに贈ってしまった事で見劣りしてしまい、恥をかいてしまうという可能性もありますので注意が必要です。相場を知る際のポイントとして贈る相手を三つのパターンに分けます。一つ目のパターンは取引先の場合です。この場合は金額の相場は10,000円から50,000円程が良いとされています。これは二つ目のパターン身内の場合も同様で、金額の相場はやや高めの設定です。三つ目のパターンで、友人や知人に花を贈る場合は5,000円から10,000円程が良いとされています。そこまで金額を張ってしまうと相手にも返って気を遣わせてしまうという事にもなるので、この程度の金額が相場とされているようです。

開店祝いの花の定番はどのようなものがあるのか

開店祝いに贈られる花として定番の4種類と言えば胡蝶蘭に観葉植物、時期によっては生花やプリザーブドフラワーが一般的でしょう。これら4種類の中から用途別や贈る相手の業種によって喜ばれるもの、またはNGとされるものをお教えします。同じ予算であっても見栄えの良い物を選ぶコツなどもあるので、参考にして最適な花を贈るようにして下さい。最初に胡蝶蘭は、どのような花を贈れば良いのか決められない時に選ぶと間違いがない花です。ただしそこまで予算がない場合は他の方と比べた時に見劣りする可能性が高いです。 その為予算が10,000円程の場合は生花や観葉植物を選ぶのが得策です。観葉植物の場合は贈る相手のお店やオフィスなどに、飾るスペースが十分にある事も確認しておくといいでしょう。プリザーブドフラワーは若い方特に女性に人気が高いので、かわいらしい雰囲気の物をと考える時にはピッタリです。