新しくお店を開くというのはとてもおめでたいことです。長年の努力が実を結び、夢を叶えて新たな一歩を踏み出す時です。知り合いや取引先などであれば、新しいお店がますます発展していくことを応援していきたいという気持ちを込めて、お祝いを贈る良いタイミングとなります。開店祝いを贈ることで、これからもより良いお付き合いをお願いしますという意味合いも込められています。相手との関係を強化し、取引を拡大するためのきっかけにもなります。開店祝いには、しばしば花が贈られます。花はその場の雰囲気を華やかにしてくれるので、開店祝いにふさわしいです。中でも、胡蝶蘭は人気があり、3本立てから5本立てがよく選ばれます。贈る花の金額は相手との関係性や親しさにもよりますが、一般的には2万円が相場とされています。

開店祝いを贈る際に知っておきたい基本事項

開店祝いを届ける時期は、店舗がオープンする1週間前から前日までにするのが一般的です。開店祝いには、相手の好みや場所に応じて、観葉植物や花、インテリアなどがよく選ばれます。相手と親しい関係なら、何が欲しいかをあらかじめ聞いてから贈るのも1つの方法です。開店祝いを贈る際に、灰皿やアロマキャンドル、暖房器具など火を連想させるものや火事、赤字を連想させる赤いものは贈らないようにします。ラッピングも赤以外の色から選びます。真っ白なところから新しく始めるという意味で、白い胡蝶蘭がよく選ばれます。胡蝶蘭は2か月から3か月咲き続けますし、花粉が飛び散ることもありませんので、開店祝いにふさわしい花です。香りもほとんどありませんので、病院や飲食店、事務所などに贈るのにも向いています。

開店祝いにはスタンド花もおすすめ

開店祝いに花を贈る場合、華やかなものをと考えるのであれば、スタンド花がおすすめです。スタンド花は開店祝いだけではなく、舞台芸術などの公演や発表会にもしばしば贈られます。さまざまな種類の花を使うことができ、色や品種の選び方によって印象が変わります。スタンドの花は1つあるだけで豪華ですので、店先に飾られていると、人目を惹き、集客効果もあるため喜ばれる贈り物の1つです。平均的な予算は1万円から3万円となっています。価格が高いほど豪華なイメージになります。贈る際には、相手と自分の関係性を考えて価格を決めましょう。あまり高価なものは相手を恐縮させてしまいます。スタンドの花は華やかな反面、広いスペースが無いと置けませんので、相手のお店の広さなども考慮して贈るようにしましょう。