友人や先輩、一緒に働いていた仲間が新たに自分の店をオープンすると聞いたら、一番にお祝いに駆け付けたいものです。お祝いに伺う際に手ぶらというわけにはいきません。ご祝儀を贈ったり記念になる物をプレゼントしたりと色々考える方も多いです。中でも花を贈るというのは一般的で喜ばれるお祝いの一つです。実際に贈る開となった場合、慣れている人はいいですが初めてでどんな花を贈っていいものか、とあれこれ考えてしまいます。開店店祝いには、どのような花がふさわしいかというと、例えば胡蝶蘭の植木鉢です。お見舞いなどではタブーの植木鉢ですが開店祝いでは長くその地に根付くという意味でも鉢植えの花は大変縁起が良い物とされています。胡蝶蘭は見た目も華やかでお店の中をパッと明るくしてくれます。予算をあまりかけられないと言う方には胡蝶蘭よりも観葉植物がおすすめです。癒しの効果や内装のワンポイントにもなり人気があります。

開店祝いに贈って喜ばれる花の種類

開店祝いに贈ると喜ばれる花の種類にはどのような物があるのでしょうか。せっかくのお祝いの気持ちなので心から喜ばれる物を贈りたいと考えます。実際に贈ってもらった人の声を聞いて参考にしたり、プロである花屋さんに聞くと売れ筋の物などを教えてくれます。定番の胡蝶蘭は華やかでいいですが予算をあまり出せないという方にはおすすめしません。胡蝶蘭を贈る方は多くいますので値段が低いと見劣りしてしまいます。観葉植物は花と違ってインテリアを邪魔することなくどこにでも置けるので最近では花よりもこちらを贈る方が増えています。ただ鉢植えですので狭い店舗には置き場所に困るのでそういった事は事前にチェックしておくと良いです。最近人気が急激に上がっているのがプリザーブドフラワーです。値段は少々高めではありますが、水やりの必要が無いのが贈った側に喜ばれるポイントです。長く楽しめるというのも人気の一つです。

開店祝いに贈る花の値段の相場は

開店祝いにプレゼントや花などを贈る方は多くいます。現金を包んだご祝儀を渡すという人も多いでしょう。お祝いの花などを贈る場合相場はどれくらいなのかと疑問に思う方も多くいます。また金額の相場をしっかりと把握していないと相手に対して失礼になってしまったり、相場よりも安い金額の花を贈ってしまい他の方が送った花と並べて飾られたときに同じ花だと特に見劣りをしてしまい恥をかいてしまう可能性が高くなってしまいます。送る相手によっても相場は変わってきます。例えば取引先の相場は10,000円から50,000円ぐらいが相場と言えます。取引先との付き合いの深さによって金額は変わってくるようです。また友人や知人に贈る場合は、5,000円から10,000円です。友人などはあまり高額な物を贈ってしまうと逆に失礼になってしまうので気をつけましょう。身内ですと10,000円から50,000円が相場と言えます。