開店祝いは非常におめでたい、新しい門出です。そんな門出を心からお祝いしたい気持ちを込めてお花を贈る人は多いです。お花は華やかで人の心を癒し惹きつけることが多いため、開店祝い以外にも慶事に贈られることが多いものです。しかし花の一つ一つに花言葉があり、大きさも華やかさも様々です。開店祝いにふさわしいものを贈ることがマナーになります。代表的なマナー違反の1つに椿を贈るというものがあります。椿は冬の花で、歌に詠まれるほど綺麗なものですが、花弁がそのまま落ちてしまい、首が落ちるというイメージから贈り物にするには縁起が悪いとされています。また赤い花やラッピングにするのは良くないといわれています。これは火事を連想させるものは控えるというマナーからです。赤は華やかで綺麗な色ですが、できれば避けた方がよいようです。

開店祝いで贈ることを控えた方がよい花の種類

マナー違反は他にも、相応の金額に合わせないという点も挙げられます。気持ちは金額ではありませんが、小さなお店の窓辺に小さく飾る花は、気心知れた友人同士などでしたら大丈夫でしょうが、それだけを取引先や親せきに贈るのは、少々マナー違反にあたります。またお世話が大変な花を贈ることも避けた方が良いとされています。これは開店時の忙しさで花が悪くなってしまったり、花粉を取らなくてはいけない花を贈って手間をかけさせてしまうこともあるからです。もちろんサービスで花粉を取ってくれる花屋もありますが、香りの強いものは飲食店には向かないなど、向き不向きも考える必要があります。お店の規模などによって、花束や、フラワーアレンジメント、観葉植物、そしてお祝いに良く使われる胡蝶蘭など開店祝いにふさわしい選択肢を考えることができます。

開店祝いに贈るときに参考にしたい花の種類

開店祝いにお花を贈る場合、店舗に置かれることを想定します。入り口などに置けるような重厚感のある大きな胡蝶蘭や、スタンドを用いた華やかなアレンジの花を贈ることも素敵です。また特殊な鉢に入った、暑さや寒さにも強い育てやすい観葉植物でしたら、長い間店に置いてもらえ、店舗に彩りを贈ることができます。地域によっては、スタンドで入口に置いてある花を、他のお客様が持ち帰る風習のある場所もありますから、お店の宣伝も兼ねて喜ばれることもありますし、胡蝶蘭は花言葉でも繁栄の意味があり、縁起の良い花でもあります。また生花ではなく、生花を特殊な薬品に付けて、枯れないように加工したプリザーブドフラワーがあります。これは花粉がでることもなく、手間も必要ないので、多くのパターンで利用できるものです。